福祉車両が必要な時はレンタカーを利用すると良い

福祉車両は車いすでの利用が可能な造りになっており、高齢者や体に不自由な点がある人の為に使用されます。車いすが固定されているもの、助手席が回転するもの、スロープがついているものなど様々なものがあり、乗る人によって車のタイプを選ぶことが必要となってきます。福祉車両はつくりが一般的な車と違うため、価格が高いことが多いです。福祉車両を購入するにあたり、認められている装備がついている場合に減免される場合と、身体障がい者手帳に対しての減免とがあります。

減免になる税金には消費税や自動車税、自動車所得税があり、8ナンバーの車で、身体障がい者手帳がある場合は自動車税や軽自動車税が全額減免となります。ただし障害のある方一人1台と決められているので、複数もつことはできません。減免されることがあるとはいえ、福祉車両は費用がかかるため、レンタカーを利用する場合があります。レンタカーの場合、車の車種や時間によって料金が変わりますが、レンタカーを使用した場合も身体障がい者手帳や療育手帳を提示すると料金は非課税となります。

管理維持が大変なため、病院の送迎などで使用する場合はレンタカーを検討するのも一つの方法になります。レンタカーを利用する場合も免責保障などを考えることができ、万が一の場合にも対応することができます。また、スペアタイヤ交換などロードサービスも付帯することができるので、安心して利用することができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です