自動車関連の広告媒体、配送車両のラッピング

自動車関連の広告媒体で近年増加して来たのが、運送会社などの配送車両に企業のラッピングをしたトラックなどです。自社の製品などを自社の配送車両にラッピングして配送しているトラックなどを多く見掛けるようにもなりました。自社のトラックを使用しているので掛かる費用はラッピング費用のみです。しかも、一度に数台から数十台のラッピングを同時に依頼することができます。

そうすることで、一台当たりの価格を割り引いてもらうこともできるのでコストも抑えることが可能です。また、多くの配送車両を扱っている自動車関連企業などでは、自社の配送車両を宣伝媒体として他社へ提供しているケースもあります。トラックなどの荷台のスペースも広告媒体として提供するというサービスです。ルート配送の場合は、ある特定のエリアを定期的に走行する広告媒体として有効です。

長距離配送の場合は、全国展開している企業の広告媒体などでも利用できます。配送車をそのように利用するメリットは、目的地までの間の宣伝効果が高いからです。看板のような動かない宣伝媒体は、そこを通る人にしか有効ではありません。それに比べて配送車は定期的に走行するので看板よりもより多くの人の目に留まります。

そのような宣伝媒体として利用できるメリットに気づいた自動車関連会社が、他社へ自社のトラックのスペースを貸し出すサービスを始めたと考えられます。最初は自社の製品などの宣伝のために使用されていたラッピングですが、近年ではそのように広く使われているようになり、メジャーとなって来ています。自走式立体駐車場のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です