• 敬老の日のマナーについて

    日本にはありとあらゆる祝日が存在していますが、その中でも特別な日でありギフトを贈る機会も多いのが敬老の日です。

    多年にわたり社会につくしてきた老人を敬愛して長寿を祝う日となっていますが、特に対象年齢が決まっているわけではないからこそ、ギフトを贈ることにより失礼にあたってしまうのではないかと心配する人も多いのではないでしょうか。

    敬老の日情報選びをサポートするサイトです。

    自分の祖父母や両親はもちろんのこと、義理の祖父母や両親だったりお世話になっている人となれば悩むのは当然のことです。



    ギフトを贈るべきか悩んだ際には、身近な人と相談をするなどししっかり考えた上で決めることが大切になってきます。

    ギフトを贈る時には、何を選んだら良いか慎重に考えることもポイントです。


    気持ちがこもっていることが大切という点は確かですが、それだけではなくマナー違反にならないことも重要になってきます。



    敬老の日には弔辞のお返しに使われる緑茶や漢字で手巾と書くため縁を断つイメージになりがちなハンカチだったり、お見舞いでもマナー違反とされる鉢植えの草花は避けるべきということは、頭においておくようにしましょう。
    もちろん一般的にはマナー違反とされているものでも、本人から欲しいとリクエストがあった場合には贈っても問題はありません。

    相手との関係性によりギフトの金額を調整するようにしたり、贈るタイミングや送り方でマナー違反になることがないように、十分気を付けた上で敬老の日のアイテムを選ぶようにしましょう。